レンタルオフィスにこだわって勝ち組になる|ラクラク業務実現

男性

便利な代行サービス

PC

人事担当者の悩み解決

毎年春の異動シーズンになると、多くの企業の人事担当者が頭を悩ませている問題があります。それは社員の福利厚生として手配すべき社宅の問題です。近年では特に若い世代の間で集団生活を好まない傾向が見られ、社員寮のような生活環境の場は減少しつつあります。一方では人事異動の多い業種ほど通勤に有利な住宅確保が難しいため、社宅に対する需要は今でも少なくありません。そうした社宅の契約から維持管理に至るまでを本来受け持つのが、企業の人事担当者です。社宅としての新たな物件契約や入居者の入れ替わりなどに伴うさまざまな手続きは、人事異動が多く忙しい時期に集中するのが常です。それらに関わる業務の一切を人事担当者が対応していたのでは負担が重すぎます。そんな担当者の負担を大幅に軽減し、悩みを解決してくれる存在があります。それは社宅代行サービスです。社宅に関する煩雑な業務を外部委託することによって、人事担当者は本来の人事業務だけに専念することができます。東京都内には企業の数が多いだけに、そのような代行サービスも数多く存在します。

代行サービスの多彩な業務

東京都内の社宅代行サービスは不動産業者が実施しているケースも多く、不動産賃貸契約に関する専門知識に詳しい社員が対応します。社宅にふさわしい住宅物件の手配ばかりでなく、入居者の転勤によって不用になった社有住宅を賃貸物件として転用したいというような要望にも応えています。法人企業専門の住宅不動産全般を取り扱う業者と言えます。東京都内には住宅物件も非常に多いですが、特定企業の事業所への通勤や交通手段の点で利便性の高い住宅となると範囲も限定されるものです。対象エリア内から社宅に適した物件を探し出すだけでも大変な時間と労力を要します。代行サービスを利用することでそうした労力から解放され、社員からも喜ばれる最適な物件を確保できるのです。社宅の維持管理や転勤に伴うさまざまな手続き、さらには日常生活での要望やクレーム対応に至るまでを、代行サービスは一貫して引き受けています。不動産業の専門知識に精通した社員を採用したり教育したりするには高い人件費を必要としますが、東京都内に数多い代行サービスを利用することで経費節約にもなります。社員の福利厚生を充実させるためにも利用したいサービスです。

オフィスの用意

多くの東京の企業で最近オフィスに関しての意識が高まってきています。そのためレンタルオフィスを利用し始める東京の企業が多くなってきているのです。レンタルオフィスが注目されている理由としては、コストを掛けることなくオフィスを用意することができるという点でしょう。

オフィスは賃貸が良い

ミーティング

新宿で賃貸オフィスを利用するときには、まず物件の検索をしてある程度絞っておくといいでしょう。また各物件にはオプションが用意されていて、これを利用することでスムーズに業務をこなすことができるようになるのです。

もっと見る

安く事務所を借りるには

2人の女性

中央区の賃貸オフィスを探している人は、立地にあまりこだわらず家賃相場が安めのところに立地する物件を利用することで、費用を低く抑えることができます。賃貸オフィスは三つの種類に分けられ、それぞれ使える空間の広さ、初期費用や家賃などで、違った特徴を持っています。

もっと見る

開業費用を安くするために

オフィス

バーチャルオフィスを利用すれば、起業したてでも東京にオフィスを構えることが可能です。必要なインフラ整備のほとんどを、借り物で済ませることができるのは大きなコストカットにつながります。ただし実体のない企業ということで、取引相手から誤解を受ける恐れがあるのは否めません。

もっと見る